博士前期課程 

来住健太郎  土石流後の渓畔林樹木の更新

松浦隆介   沼ノ平地滑り地域における植物群落の多様性

学部4年生

今あゆみ   樹木の種子生産の豊凶周期

平山こころ  ヤナギ類とハリエンジュの更新機構

 

共同研究

博士前期課程(京都大学)

       オオミスミソウの開花と送粉昆虫

  

【2018年度卒業】

博士後期課程

中野 陽介  高木性樹木サワグルミにおける積雪傾度に伴う生活史戦略の変化

 祝 日本緑化工学会誌掲載(2014)

   緑化植物 どこまできわめる サワグルミ.日本緑化工学会誌 40(2):389

 祝 Plant Ecology:218(4):395–406.

           Yosuke Nakano and Hitoshi Sakio (2017.4)

   Adaptive plasticity in the life history strategy of a canopy tree  species, Pterocaryarhoifolia, along a gradient

   of maximum snow depth. 

 祝 Plant Ecology :219(12)1387–1398.

   Yosuke Nakano and Hitoshi Sakio (2018.12)

              The regeneration mechanism of Pterocarya rhoifoliapopulation in the heavy snowfall region of Japan.

     祝 新潟大学学生表彰(2019.3)

 博士前期課程

伊藤 菜美  渓畔林における林冠木の遷移段階に伴う下層植生の変化

内木 翔大  佐渡島におけるヒノキアスナロ林の更新特性に関する研究

学士課程

庭野元気  伊南川の河川撹乱がハリエンジュとヤナギ類の分布に及ぼす影響

【2017年度卒業】

修士課程

武藤 公樹  春開花型常緑草本オオミスミソウの生態

学士課程

 

【2014年度卒業】
修士課程
宮島 伸子  林間放牧縮小が自然草原を含む半自然草原の植生遷移に与えた影響

 祝 第62回日本生態学会全国大会 最優秀ポスター賞(2015)

   佐渡島の林間放牧縮小が半自然草原の植生遷移に与えた影響

 投稿準備中 植生学会誌

【2013年度卒業】
修士課程
戸塚 聡子 雌雄異株植物ハナイカダHelwingia japonicaの生活史戦略
長島 崇史 台風撹乱が多雪地のスギのクローン構造に及ぼす影響

 祝 日本森林学会誌掲載(2015)

   台風と積雪がスギのクローン構造に与える影響.日本森林学会誌97:19-24 

新国 可奈子 大規模攪乱が山地河畔林に与えた影響とその後のヤナギ科樹種の初

       期定着過程

   祝 緑化工学会誌掲載(2016)

     大規模河川撹乱における河畔林の流木捕捉機能.緑化工学会誌41(3):391-397

【2012年度卒業】
修士課程
高橋 もなみ 佐渡島とその周辺地域における冷温帯植生の比較
【2011年度卒業】 
修士課程

川上祐佳 土石流跡地における植生更新

 祝 第57回日本生態学会全国大会 優秀ポスター賞(2010)

   佐渡島大河内沢における土石流跡地に更新した渓畔林構成種の定着条件

 投稿中 植生学会誌

   大規模撹乱後の渓畔林の更新‐土石流跡地に更新した渓畔林構成種の定着立地‐ 

中野陽介 多雪地域における高木性樹木サワグルミの萌芽による更新 
中山晴夏 雌雄異株植物マタタビの有性繁殖器官及び栄養器官における雌雄差

 投稿中 Plant species biology

    Resource cost of floral deception in dioecious Actinidia polygama (Actinidiaceae) 
【2010年度卒業】 
修士課程
大野葵 多雪地における実生更新からみたスギ天然林の動態

 祝 第58回日本生態学会全国大会 優秀ポスター賞(2011)

   佐渡島スギ天然林におけるスギの定着制限要因

 執筆中 森林学会誌